【ピーター・バラカン】僕がどうしても手放せない21世紀の愛聴盤/第18回 ケリー・ジョー・フェルプス『Brother Sinner & The Whale』

文/ピーター・バラカン 写真/西田周平

2018.10.22

音楽との出会いは色々なところにあります。1990年代後半に仕事の関わりがあったアメリカのレーベル“Rykodisc”から出たケリー・ジョー・フェルプスのアルバムをたまたま聞いて、途端に彼の絶品のスライド・ギターと渋めのブルージーな歌声に打ちのめされました。

その後しばらくして、ぼくの近所に住むアメリカ人と知り合ったのです。その人はそれまで働いていたイヴェント会社の仕事に飽きて、自分でコンサートを企画したいけど誰か面白いミュージシャンはいないかと尋ねられました。ぼくはすかさず「ケリー・ジョー・フェルプス」と答え、相手が彼の名前も知らなかったにもかかわらず、そんなことからケリー・ジョーが来日することになり、彼の演奏を聞いたお客さんも皆ぼくと同じような衝撃を受けたはずです。

何枚かアルバムを出すうちにケリー・ジョーはなぜかスライドを弾くのをやめ、その代わりに負けず絶品のフィンガー・ピキングをするようになりました。大抵自作の曲をやっていても、どれも昔のトラディショナルな歌のようにしか聞こえないもので、全く売れることなどに対する色目がなさそうな彼は地道に活動を続け、ある時は意図的に不協和音を多用するライヴで客を驚かせたり、ある時はまるでフォーク・シンガーのようなレコードを出したりしていました。

Kelly Joe Phelps『Brother Sinner & The Whale』(Black Hen, 2012)

そしてこの作品でケリー・ジョーは久々にスライド・ギターを、今度はフィンガー・ピキングと混ぜて弾く姿を見せました。独自のコブシの効いたヴォーカル・スタイルで、内容的に言えば一種のゴスペル・ミュージックになりますが、戦前のアメリカ南部の音楽が好きな人間ならサン・ハウスやミシシピ・ジョン・ハートなど伝説のブルーズやフォークの人たちからの影響を感じつつも、ケリー・ジョー自身の見事なギターの技術に感心せずにはいられません。

残念ながらこの静かな名盤以降には何の音沙汰もありません。一度手の病気のためにライヴ活動を休止するというニュースが流れ、その後復帰するような話もありましたが、久しぶりに来日を、と思って連絡をとってもらっても返事すらもらえないままです。

果たして今後彼が活動を再開するかも分かりません。しかしこれまでに発表した中にも、もっともっと多くの人に聞いて欲しい作品があり、CDでもまだ入手できるこれを聞けば必ずファンになります!

Kelly Joe Phelps『Brother Sinner & The Whale』(Black Hen, 2012)
1. Talkin’ To Jehova
2. Goodbye To Sorrow
3. Hope In The Lord To Provide
4. Pilgrim’s Reach
5. Spit Me Outta The Whale
6. Sometimes A Drifter
7. Hard Time They Never Go Away
8. I’ve Been Converted (Traditional)
9. The Holy Spirit Flood
10. Down To The Praying Ground
11. Guide Me, O Thou Great Jehova
12. Brother Pilgrim

 

ピーター・バラカン/Peter Barakan
1951年8月20日ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科卒業後、74年に来日。シンコー・ミュージック国際部入社、著作権関係の仕事に従事する。80年、同退社後、執筆活動やラジオ番組への出演などを開始。また80年から86年までイエロー・マジック・オーケストラ、のちに個々のメンバーの海外コーディネーションを担当。 84年、TBS-TVのミュージック・ヴィデオ番組『ザ・ポッパーズMTV』の司会を担当。88年、TBS-TV『CBSドキュメント』(アメリカCBS制作番組60 Minutesを主な素材とする、社会問題を扱ったドキュメンタリー番組)の司会を担当。2010年、TBS系列のニュース専門チャンネル『ニュースバード』に移籍し、番組名も『CBS 60ミニッツ』に変更。2014年3月まで司会を務める。 現在も放送番組の制作、出演のほか、執筆や音楽フェスティバルの監修なども手がける。
http://peterbarakan.net/

※記事内のカタカナ表記について。仮名づかいは著者の解釈を尊重して掲載しているため、一般的な表記および、他ページ(同サイト内)の表記と異なる場合があります。

関連記事


PICKUP EVENTオススメのイベント