【ピーター・バラカン】僕がどうしても手放せない21世紀の愛聴盤/第36回 スタンリー・スミス『In The Land Of Dreams』

文/ピーター・バラカン 写真/西田周平

2019.07.22

かつてアサイラム・ストリート・スパンカーズというちょっと変わったグループがテクサス州のオスティンにありました。古いジャズやブルーズも際どいユーモアのオリジナル曲もやる完全にアクースティックなバンドで、ステージではマイクすら使わないのがユニークでした。当然、小規模の会場でしか演奏しないグループでしたが、スタンリー・スミスはそのスパンカーズのクラリネット奏者で、メンバーの中で全然目立たない地味な存在でした。

その彼が、この連載で何度も引き合いに出しているバファロー・レコードからいきなりソロ・アルバムを出した時、名前だけではピンと来ませんでした。でも、バファローを営んでいたダグは友だちで、スタンリーのことを色々と説明してくれたので、パッとしないアルバム・ジャケットにもかかわらずちゃんと聞きました。そして感激したのです。

それはとても静かな感激です。スタンリーのきわめて抑えた表現に対して大きな感激はできません。「抑えた」という言葉もよくないかも知れません。彼は抑えているのではなく、自然に余計な力がすべて抜けているだけのことでしょう。

ここではクラリネットを少ししか吹かず、歌とギターが中心です。その歌はアメリカ南部の田舎のどこかで、家の軒先辺りでたそがれ時にでも勝手にぼそぼそと呟いている感じで、何となくJ.J.ケイルの雰囲気を思い起こさせます。ケイルの音楽と同じように、普段着姿なので特に気になるものではありませんが、聞き終わった後でまた聞きたくなる魅力がすぐに残ります。CD時代の作品にしては短いし、繰り返し聞いているうちに完全にクセになります。

2曲目の「スウィート・バタフライ」はアル・グリーンが得意とした落ち着いたファンクのゆったりしたグルーヴがたまらなくて、一時期ラジオで何回もかけた曲です。アルバムの最後に入っている唯一のカヴァー曲、アラン・トゥーサントの「カントリー・ジョン」もスタンリーの雰囲気にぴったりの選曲です。

彼は何度か来日していて、全国のライヴ・ハウスを回ったので覚えている方もいると思います。また2014年に第1回のLive Magicにも出てもらって、ボブ・ディランやタージ・マハールのレパートリーに古いブルーズなどで久しぶりに彼の魅力を楽しめました。

今どんなことをしているのかな。あまり話題を聞きませんが、また呼ばなくちゃ!

 

Stanley Smith『In The Land Of Dreams』(Spanks-A-Lot,  2002)

  1. Riverboat Dreams (Stanley Smith)
  2. Sweet Butterfly (Stanley Smith)
  3. Stanleys’ Whistle (Stanley Smith)
  4. Up From The Bottom (Stanley Smith)
  5. Oh Mama (Stanley Smith)
  6. Took Hold Of A Gypsy (Stanley Smith)
  7. Bluesy Little Tune (Stanley Smith)
  8. New Dreams (Stanley Smith)
  9. Your Eyes Are Smiling (Stanley Smith)
  10. Country John (Allen Toussaint)
ピーター・バラカン/Peter Barakan
1951年8月20日ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科卒業後、74年に来日。シンコー・ミュージック国際部入社、著作権関係の仕事に従事する。80年、同退社後、執筆活動やラジオ番組への出演などを開始。また80年から86年までイエロー・マジック・オーケストラ、のちに個々のメンバーの海外コーディネーションを担当。 84年、TBS-TVのミュージック・ヴィデオ番組『ザ・ポッパーズMTV』の司会を担当。88年、TBS-TV『CBSドキュメント』(アメリカCBS制作番組60 Minutesを主な素材とする、社会問題を扱ったドキュメンタリー番組)の司会を担当。2010年、TBS系列のニュース専門チャンネル『ニュースバード』に移籍し、番組名も『CBS 60ミニッツ』に変更。2014年3月まで司会を務める。 現在も放送番組の制作、出演のほか、執筆や音楽フェスティバルの監修なども手がける。
http://peterbarakan.net/

※記事内のカタカナ表記について。仮名づかいは著者の解釈を尊重して掲載しているため、一般的な表記および、他ページ(同サイト内)の表記と異なる場合があります。

関連記事