米ドラマー、レオン・チャンクラー逝去

2018.02.05

マイケル・ジャクソン(以下、MJ)のヒット曲「Billie Jean」への参加でも知られる米ドラマー、レオン・“ンドゥグ”・チャンクラーの訃報が彼の妻ブレンダによって伝えられた。65歳だった。現在、死因は明らかにされていないが米現地時間2月3日(土)のことだったという。

「Billie Jean」のほか、「Thriller」、「P.Y.T」、「Baby Be Mine」などのMJ楽曲に参加したレオン。そのほかマイルス・デイビス、セロニアス・モンク、ウェザー・リポート、ヒュー・マサケラ、フランク・シナトラ、ジェームス・ブラウン、エリック・クラプトン、カルロス・サンタナなど、これまでのキャリアで数多くの大物たちと共演を重ねてきた。

この訃報を受け、ザ・ルーツのドラマー、クエストラヴは自身のインスタグラムで以下の追悼コメントを公表している。

「俺の意見だけど、“Billie Jean”のイントロは誰もが知るシンプルなドラムの最高の例だと思うんだ。注意深く聴くとすごく複雑で正確な音なんだ。細すぎずスナップの効いた絶妙なスネアでさ。文字通りMJ楽曲に自分のDNAを注ぎ込んだ偉大なジャズ/ファンクのドラマーが今日旅立ってしまった。偉大な革命を起こしたドラマーに敬意と賞賛を捧げるよ」

 

「Billie Jean」ミュージック・ビデオ

クエストラブの追悼コメント

In my opinion, the “Billie Jean” intro is the greatest example of something so simple that you take it for granted. But if you truly dissect it. It’s a complex compelling performance. The tone is spot on. Enough snap on the snare but not too thin that it enters Ska/James Brown crack snare territory. The amount of reverb #BruceSwedien applies is SPOT on perfect. The performance However is timeless like a tuxedo. Or a pair of chucks. Or jeans and white t shirt. It literally gives MJ his dna. You know what it is ONE SECOND in. Its creator, Jazz/funk great #NduguChancler (mind you on a GAZILLION other hit songs) passed away today. Giving all due respect and praise to the drummer that sparked a revolution of dance madness breakbeat mania. Rest easy king!

Questlove Gomezさん(@questlove)がシェアした投稿 –