マイケル・ジャクソン生誕60周年の展覧会

2017.09.28

2009年にこの世を去った故マイケル・ジャクソン生誕60周年にあたる2018年、マイケルがアーティストたちに与えた影響を描く展覧会『Michael Jackson: On The Wall』が英ロンドンの美術館、ナショナル・ポートレート・ギャラリーにて開催される。

英現地時間2018年6月28日から10月21日にかけて開催される同展覧会には、アンディ・ウォーホルをはじめ、写真家/映画監督のデビット・ラシャペル、米アーティストのルイーズ・ローラー、英コンテンポラリー・アーティストのマギー・ハンブリングなど、マイケルをテーマに40人のアーティストが手掛けた作品が展示される。

ナショナル・ポートレート・ギャラリーの監督を務めるニコラス・カリナン氏は「現代美術におけるユニークな人物の文化的影響を探るこの展覧会は、まったく新しいアプローチとなっている。アーティストたちはそれぞれ世代や国籍が違うにも関わらず、マイケル・ジャクソンが表現し、作り出したものに魅了されている」と語る。

『Michael Jackson: On The Wall』の詳細はこちらから
http://www.npg.org.uk/whatson/michael-jackson-on-the-wall/exhibition

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント