2018.05.11

“泊まれる本屋”「BOOK AND BED TOKYO」の5店舗目が新宿にオープン&カフェも併設

“泊まれる本屋”をコンセプトにした話題のホステル「BOOK AND BED TOKYO」が、5月22日(火)に歌舞伎町シネシティ広場(旧:新宿コマ劇前広場)(東京都新宿区)に5店目となる新店舗をオープンする。

2015年に東京・池袋に1号店をオープンした同施設は、「読書をしてたらいつの間にか寝てしまった」という幸せな体験を低価格で提供する宿泊施設で、これまで京都や福岡、東京・浅草にも出店。

今回オープンする新店舗は都内最大規模となっており、主に訪日外国人観光客や国内旅行者をターゲットにしているという。

同店のグラフィックデザインは「soda design」が、内装デザインは「Indigo」の 軍司沙織が、ブックセレクトは「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)」が担当。

予約開始は、5月11日(金)正午より。なお、宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間を楽しめるデイタイム・プランも新たに設けられ、同施設初のカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」も5月23日(水)よりオープンを予定している。

「BOOK AND BED TOKYO」サイト
http://bookandbedtokyo.com/