2018.08.22

ジャン=ミシェル・バスキアのドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が12月公開決定

芸術家、故ジャン=ミシェル・バスキアのドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が、12月下旬よりYEBISU GARDEN CINEMA(東京都渋谷区)ほか、順次全国公開されることが決定した。

1988年、27歳の若さでこの世を去ったバスキア。ニューヨークのストリートで頭角を現し、グラフィティ・アートなどをモチーフにした作風で“20世紀を代表するアーティスト”のひとりとなった。

本作はバスキアの没後30年を記念して制作されたもので、バスキアが名声を得る以前の1970年代から80年代のニューヨーク社会やアート・ムーブメントに焦点を当て、初期の作品や影響を受けたとされる詩、音楽を交えながら、アーティスト・バスキアの誕生に迫るドキュメンタリー。

海外版トレーラー

監督は映画『豚が飛ぶとき』を手がけたサラ・ドライバー。そのほか、ファッション・デザイナーのパトリシア・フィールドや、ヒップホップの先駆者のひとりファブ・5・フレディ、グラフィティ・アーティストのリー・キュノネスなども出演する。

『バスキア、10代最後のとき』公式サイト
http://www.cetera.co.jp/basquiat/