隔週間CD付きのジャズ・マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション』創刊

2018.10.05

ジャズの「名曲+名演」にスポットを当てた新たな隔週間マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション』(小学館)が10月2日(水)に創刊された。

「ジャズとは“演奏”を聴く音楽で“曲”はそのための素材である」といわれてきたが、果たして本当にそうなのか?同誌では、ジャズ評論家・後藤雅洋氏が選曲・監修・解説をつとめ、毎号異なるテーマで名曲と名演をキャプチャー。

収録曲はジャズ・スタンダードをはじめ、ビートルズ、カーペンターズなどのポップスから民謡、賛美歌など。掲載アーティストも、マイルス・デイビス、エラ・フィッツジェラルド、美空ひばり、スティーヴィー・ワンダーなど多彩なラインナップとなっている。

創刊号では、マイルス・デイビス、ビル・エヴァンス、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ノラ・ジョーンズ、エスペランサ・スポルディングスなどを特集。さらに掲載楽曲を収録したオリジナルCDも封入される。

また全巻予約特典として、米「プレスティッジ・レーベル」協力のもと制作されたマイルス・デイビスの名盤『リラクシン』のアートワークをモチーフにしたオリジナル万年筆がプレゼントされるという。

『JAZZ絶対名曲コレクション』詳細
https://www.shogakukan.co.jp/pr/jazz4/index_pc.html