2020.01.28

“ニューオーリンズのジャズ”を題材にした4K/8K映像作品

映像制作会社「パナソニック映像」が制作した、ジャズ発祥の地、米ニューオーリンズを舞台にした4K映像作品『Joy lives in New Orleans Jazz』と8K映像作品『THE GIFT』の2作品が公開された。

ニューオーリンズに現存するライブハウス「Preservation Hall」で制作された同2作は、先進映像協会が主催する日本の良質な3Dコンテンツを表彰するアワード「ルミエール・ジャパン・アワード 2019」でグランプリと特別賞をダブル受賞。

また、1月18日に開催された「第4回関前諸島岡村島映画祭」でも、4K作品『Joy lives in New Orleans Jazz』が最優秀映像賞を受賞している。

4K作品『Joy lives in New Orleans Jazz』

8K作品『THE GIFT』

 

同2作のプロデュースを担当したのは、昨年、一昨年と「ルミエール賞」を受賞した安楽直樹。以前の4K作品では、タイの伝統的なお祭り「ロイクラトン」やスコットランドの火祭りを題材にした作品を制作しており、今回は「見ていて楽しいものにしたい」という思いから、「今までやっていかなった音楽」を題材にしたという。

安楽直樹

「作品の舞台となった『Preservation Hall』は、ニューオーリンズで一番古いライブハウスで、観光地的な場所にもなっています。今は初代の息子さんが『Preservation Hall Jazz Band』というハウスバンドで演奏しています。今年で87歳のサックス奏者も現役で活躍しているし、歴史あるこの場所ならいいストーリーが描けそうだなと思いました」

■パナソニック映像ウェブサイト
https://panasonic.co.jp/cns/pvi/
■先進映像協会ウェブサイト
http://advancedimagingsociety.jp/index.php