松浦俊夫、初の自己名義アルバムを3月に発売

2018.01.11

DJ/プロデューサーとして国際的な活躍を続ける松浦俊夫が、アルバム『LOVEPLAYDANCE』 を制作。3月7日に発売することが明らかになった。同作はTOSHIO MATSUURA GROUP名義となっており、こうした自己名義のアルバム制作は本人にとって初の試み。

キャリア30周年を迎えた昨年、単身ロンドンへ渡った松浦氏は、盟友ジャイルス・ピーターソン監修のもと、現地の精鋭ミュージシャンとともにレコーディングを敢行。

本作のコンセプトは「私に多大な影響を与えた マイルストーン的楽曲をカヴァーするもの」(松浦氏)で、全7曲からなる同作には、レーベル「Talkin’ Loud」の諸作から2010年代のフライング・ロータス楽曲、U.F.O.在籍時の代表曲「Loud Minority」の進化形とも言える新曲「L.M. II」などが収録されている。

また、アシッドジャズ誕生から30年が経過した現在、若い世代への引き継ぎがうまく出来ていない現状を按ずる松浦氏は、この作品を機に「作品及びアーティストが再評価されることを願っている」とコメントしている。

 


リリース詳細
http://www.universal-music.co.jp/toshio-matsuura-group/news/2018-01-10/

 

PICKUP EVENTオススメのイベント