2016.02.29

ブライアン・イーノ、約3年半ぶりの最新作『The Ship』を発表

アンビエント・ミュージックのパイオニアとして知られるイギリス出身の音楽家、ブライアン・イーノ。1970年代初頭にロキシー・ミュージックのメンバーとして活躍し、脱退後はソロとして活動。彼の代表作『Ambient』シリーズをはじめ、『Apollo』(1983年)や『The Pearl』(1984年)といった多くの名作を残してきた。さらに、U2やトーキング・ヘッズ、デヴィッド・ボウイ、コールドプレイなど、世界を代表するアーティストたちの作品もプロデュースし、近年ではデヴィッド・バーン、アンダーワールドのカール・ハイドと共同で作品を発表するなど話題を集めてきた。そんな偉大な音楽家である彼の最新作『The Ship』が4月27日(水)に発売される。

グラミー賞にノミネートされた前作『Lux』(2012年)以来、約3年半ぶりの本作には、これまでの作品とは違う一面を見せる新たなクリエイティビティを感じられる楽曲が多く並ぶ。なかには、ルー・リードが作曲したザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの楽曲「I’m Set Free」も収録されており、本楽曲をどのようにカバーしているのかも注目したい。

また、本作は日本先行でリリースされ、ボーナストラック「Away」収録のほか、SHM-CD(高音質CD)を採用。ブライアン・イーノ本人によるアートプリント4枚が封入された初回生産限定コレクターズ・エディションと通常盤の2フォーマット(ともにブックレットと解説書付き)で発売される。

– リリース情報 –
アーティスト:Brian Eno
タイトル:The Ship
レーベル:Warp Records/Beat Records
価格:国内盤コレクターズ・エディション 2,750円、国内通常盤 2,200円(ともに税別)
発売日:2016年4月27日(水)

■予約URL
<国内盤コレクターズ・エディション>
beatkart:http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002018
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01C3ZLVZM
<国内通常盤>
beatkart:http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002019
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01C3ZP14Y
<デジタル配信>
iTunes:http://apple.co/1QbS9XB

トラックリスト

  1. The Ship
  2. Fickle Sun (i)
  3. Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin
  4. Fickle Sun (iii) I’m Set Free
  5. Away (※Bonus Track for Japan)