ECMの魅力に迫る番組『ECM Records大全』がDOMMUNEで放送

2018.03.13

ライブストリーミング・チャンネル「DOMMUNE(ドミューン)」が、名門ジャズ・レーベル「ECM」の歴史と伝統を語り尽くすプログラム『ECM Records大全』を3月15日(木)午後7時から午後9時にわたって放送。

アーティスト・宇川直宏主導のもと、日本初のライブストリーミング・スタジオ兼チャンネルとして2010年に開局したDOMMUNE。

今回のプログラムは、3月29日(木)から30日(金)にブルーノート東京にておこなわれる、小曽根真と“ECMの至宝”、アリルド・アンデルセンらの公演を記念したもの。

ゲストに『あなたの聴き方を変えるジャズ史』の著者・村井康司と『Jazz The New Chapter』シリーズの編者・柳樂光隆のふたりを迎え、ECMの魅力について、両氏が語り尽くす内容となっている。

 

『ECM Records大全』詳細
http://www.dommune.com/reserve/2018/0315/

公演詳細
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/makoto-ozone/#event