2018.03.19

ジャズ・アット・リンカーン・センター特別公演を収めたアルバムが全曲試聴可!クラプトンやレイ・チャールズ参加楽曲も

米ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センター(以下、JALC)の特別公演を集めたアルバム『United We Swing: Best of the Jazz at Lincoln Center Galas』が3月23日(金)に発売される。

世界初のジャズの公共機関としても知られるJALCでは、毎年特別公演が開催されており、本作は、これまでおこなわれた特別公演のベスト・アクトを厳選して収録したもの(特別公演のリリースは今回が初)。

本作には、JALCの芸術監督を務める米トランペット奏者のウィントン・マルサリス率いるセプテット(7重奏)に加え、ボブ・ディラン、レイ・チャールズ、エリック・クラプトン、ジェームス・テイラー、レニー・クラヴィッツなど、さまざまなゲストを迎えた16曲を収録。

これら豪華ゲストを招いたことについてマルサリスは「13歳になって初めて女の子をダンスに誘うような気分だった」などと述べている。

発売フォーマットは、CDとアナログレコードのほか、各種デジタルプラットフォームでの配信も予定されており、現在、米公共ラジオ局「WBGO」のサウンドクラウド上から全曲試聴可能となっている。

『United We Swing: Best of the Jazz at Lincoln Center Galas』

リリース詳細
https://store.jazz.org/collections/music/products/united-we-swing-best-of-the-jazz-at-lincoln-center-galas