2017.06.20

ジョージ・ハリソンがリンゴ・スターのために書いた未完成曲

故ジョージ・ハリソンの妻オリヴィア・ハリソンは、英オックスフォードシャーの自宅のピアノ椅子に保管されていたノートから、ジョージが1970年頃リンゴ・スターのために書いた曲(歌詞)を発見したことを明かした。

今回の発見についてオリヴィアは、「ジョージは曲を書いたノートをそこら中に置き忘れていたの。おそらくこのノートもピアノ椅子の下にしまったまま忘れていたんだと思うわ」と説明しており、また「自宅のどこかに同曲を録音したカセット・テープもあるはず」「他にもたくさんの未完成曲があるはず」と述べている。

同歌詞はリンゴのドラムを讃える内容となっており「ヘイ、リンゴ、君に知って欲しいんだ。君のドラム無しでは僕のギターはスローになってしまう」「君のように速く叩けるドラムを聴いたことがない」と書かれているという。

なお、オリヴィアは、2月に米ロサンゼルスで開かれたジョージの74歳の誕生日を記念したパーティーでリンゴに同曲のコピーを渡しており「リンゴもこの曲を見たことがなく、渡したときとても驚いていた」と語っている。