2018.06.06

プリンスの超希少盤『ブラック・アルバム』に約300万円の値が

プリンスが1987年に制作したアルバム『ブラック・アルバム』の希少なアナログ盤が、米音楽データベース/音楽マーケット(Web版)の「Discogs」で、約300万円で売却されたことが分かった。

“世界で最も貴重なレコードのひとつ”とされている同盤は、1987年に50万枚が製造されるも、プリンスがこれを気に入らず、すべて回収・破棄。その後、1994年に同作のCDとカセットテープが限定リリースとして発売されているが、アナログ盤の正式リリースはおこなわれなかった。

昨年12月には、ワーナー・ブラザーズの元従業員によって未使用の同盤5枚(US盤)が偶然発見され、その希少価値が話題となっていた。

今回売却されたのはカナダ・トロントのCBSプレス工場で働いていた元従業員が保管していた1枚で、当人は上記ニュースを見るまで“その希少価値に気づいていなかった”という。

Discogsの販売ページ
https://www.discogs.com/sell/release/12066431?ev=rb