英国メディアが高田みどりを追ったショート・ドキュメンタリーを公開

2018.09.06

英「The Vinyl Factry」が、近年、国際的な評価を受けている日本人作曲家/打楽器奏者の高田みどりを追ったショート・ドキュメンタリーを公開した。

同映像では、英ロンドンの教会「ユニオン・チャペル」でのリハーサルの様子とともに、彼女のユニークなサウンド・アプローチやパフォーマンス、着想の源、音楽を通して何を伝えていきたいか、などについてのインタビューが収録されている。

2016年、Youtubeで公開された彼女の1983年の作品『鏡の向こう側(Through The Looking Glass)』が100万回以上の再生回数を記録。ほどなくして同作はスイス発のレーベル「WRWTFWW」によって再発され、国際的な評価を得た。

その後、彼女が参加したパーカッション・アンサンブル「ムクワジュ・アンサンブル」の1981年のアルバム『樹・モーション KI-Motion』や、佐藤允彦との共作『Lunar Cruise』なども再発され、今年8月には約20年ぶりの作品『Le Renard Bleu』を発表している。