2018.09.05

タワレコ+岡本太郎記念館・館長が新ジャズ・レーベル「Days of Delight」をローンチ

タワーレコードが、1970年代の日本のジャズと“これからの新しいジャズ”にスポットを当てた新たなジャズ・レーベル「Days of Delight」の発足を発表した。

プロデューサーに岡本太郎記念館・館長で『太陽の塔再生プロジェクト』の総合プロデューサーを務めた平野暁臣氏を迎えてスタートする同レーベル。

リリース第1弾として、サックス奏者・土岐英史の最新アルバム『Black Eyes』をはじめ、レーベル発足のきっかけともなった1970年代前半の名演を集めたコンピレーションアルバム『Days of Delight Compilation Album -疾走-』の2タイトルを10月17日(水)に発売。

土岐英史『Black Eyes』アルバムダイジェスト

また発売日同日には、レーベル設立のコラボ企画として岡本太郎記念館(東京都港区)にて企画展『瞬間瞬間に生きる-岡本太郎とジャズ』が開催。

第1展示室では、歌、声、ダンスなど「音」にまつわる絵画、およそ半世紀前に岡本が制作した『顔のスピーカー』(1971年)が初登場。第2展示室では「音」を展示。大阪万博後の70年代に革命期を迎えた日本のジャズが大音量で流されるという。

「Days of Delight」オフィシャル・サイト
https://daysofdelight-music.amebaownd.com/