イエロージャケッツ、3年ぶりの来日公演が決定

2018.11.26

コンテンポラリー・ジャズ〜フュージョン界を牽引する米グループ、イエロージャケッツによる約3年ぶりの来日公演が、来年2月26日(火)と27日(水)にコットンクラブにて開催される。

1981年に、ロベン・フォード(g)、ラッセル・フェランテ(key)、ジミー・ハスリップ(b)、リッキー・ローソン(ds ※2013年没)によって結成された同バンド。グラミー賞では通算17回のノミネート数を誇り、88年のアルバム『POLITICS』では「ベスト・フュージョン・パフォーマンス部門」を受賞している。

2015年からは創設メンバーのラッセル・フェランテ(key)をはじめ、ボブ・ミンツァー(sax)、ウィル・ケネディ(ds)、デイン・アルダーソン(b)の4人で活動中。今回の公演は、ブラジル出身の歌姫ルシアーナ・ソウザを迎えており、今年9月に発表した最新アルバム『Raising Our Voice』にちなんだ内容となる。

公演詳細
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/yellowjackets/