ジョーイ・アレキサンダーがケンドリック・スコットらを迎えたセッション映像公開

2018.12.03

インドネシア・バリ島出身で現在15歳の天才ピアニスト、ジョーイ・アレキサンダーが、米公共ラジオ局「NPR」の人気プログラム『Tiny Desk Concert』に出演。約26分のパフォーマンスを披露した。

2011年(当時8歳)のときにハービー・ハンコックに見出され、以来さまざまな著名ジャズ・フェスティバルに出演。最年少でグラミー賞2部門にもノミートされたジョーイ。昨年には「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017」に出演し、そのパフォーマンスを披露している。

今回のパフォーマンスは、人気ドラマーのケンドリック・スコットとベーシストのルーベン・ロジャースを迎えたトリオ編成となっており、昨年5月発売のアルバム『Eclipse』から、タイトル曲の「Eclipse」や「Bali」、2016年のアルバム『カウントダウン』から「City Lights」も披露している。

ジョーイ・アレキサンダー公式サイト
http://joeyalexandermusic.com/