2019.04.11

スタン・ゲッツ、1961年のライブ音源が発掘される

米サックス奏者スタン・ゲッツ(1991年没)の未発表ライブ音源『ゲッツ・アット・ザ・ゲイト』が、6月14日(金)に発売される。

本作は、1961年11月にニューヨークのジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ゲイト」に、レギュラー・カルテットとともに出演した際のライブを収めたもの。メンバーは、スティーヴ・キューン(p)、ジョン・ネヴェス(b)、ロイ・ヘインズ(ds)で編成されている。発売元によると、同カルテットでの録音が世に出るのは今作が初めてという。

ビル・エヴァンスやウェス・モンゴメリーなど、数々の未発表音源を手掛けるゼヴ・フェルドマンが、ダイレクト・プロデューサーとなってリリースされる本作。収録内容は全15曲(CD2枚組)で構成されている

リリース詳細
https://www.universal-music.co.jp/stan-getz/products/uccv-1175/