2019.04.26

ブルーノートのドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』が日本劇場公開決定

昨年アメリカで公開され話題となった、ブルーノート・レコードのドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて(原題:Blue Note Records: Beyond The Notes)』の日本劇場公開が決定。9月6日(金)より、「Bunkamuraル・シネマ」(東京都渋谷区)ほかにて、全国で順次公開される。

ソフィー・フーバーが監督を務める同作は、1939年の創立から現代に至るまで、ブルーノートが体現してきた「自由な表現」や「平等性」などの価値観を、映像を通して伝えるため制作された作品。

本編には、セロニアス・モンク、マイルス・デイビス、アート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー、ハービー・ハンコック、ロバート・グラスパーといった新旧ブルーノートを代表するアーティストたちのインタビュー、貴重なアーカイブ映像、レコーディング・セッションなどが収録されている。

また本作には、ケンドリック・ラマー(声の出演)、アリ・シャヒード(ア・トライブ・コールド・クエスト)、テラス・マーティンとったヒップホップ界の大物アーティストたちも登場。ブルーノートやジャズがヒップホップに与えた影響についてを語る。

『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』詳細
https://www.universal-music.co.jp/jazz/