モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015 “Opening Night by ARBAN”

文/山本将志 写真/青木勇策

2015.12.22

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015 “Opening Night by ARBAN”

世界最大級のジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」。スイス、レマン湖畔の街モントルーで1967年にクロード・ノブス氏がスタートさせたジャズの祭典であり、現在では25万人を超えるファンが集まる世界的人気フェスティバルだ。その日本版「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015」が10月1日(木)から東京を舞台に開催された。オープニングを飾る会場となったのは、LIQUIDROOM(東京都渋谷区)。“世界のモントルー・ジャズ・フェスティバルが東京で開催”と注目を集めていたこともあり、開催初日はあいにくの雨にもかかわらず、開場と同時に多くの来場者が詰め掛けていた。
「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015」は、松浦俊夫のDJで始まった。立ち上がりはサックスのソロや、サックスとピアノのデュオといった少数編成のゆるやかなジャズサウンドが会場に広がる。和楽器を使用した楽曲もかけつつ、日本開催ということを強く意識した選曲だったように思える。
ライブアクトのオープニングを務めたのは、生駒祐子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)によるデュオ、mama!milk。この日は、市原大資(トロンボーン)、栗原務(ドラム)を迎えてカルテットでの出演となった。生駒のゆったりとした切なく官能的なアコーディオンの音色が会場に響きわたる。他の楽器も彼女のサポートに徹しているようだ。終盤にアップテンポの演奏はあったが、ゆるやかな音色にオーディエンスは見とれていた。

松浦俊夫のDJをはさみ、この日の目玉だったシャソルのライブがスタート。松浦俊夫も「シャソルの出演が決まらなかったら、モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンの開催はなかったでしょう」と本フェスティバルでのシャソルの重要度を説明。そして大きな拍手のなかライブはスタートした。今回のライブは、4枚目のアルバム『Big Sun』(2015年)を再現したもの。『Big Sun』は、両親の出身地であるカリブ海のアンティル諸島でフィールドレコーディングを行い作られた作品。人物のスピーチから始まり、鳥の鳴き声、口笛を奏でる中年男性、麻雀のようなゲームに興じる音、ほら貝を吹く音、嵐、ラップ、カーニバルのリズム隊など、さまざまな音と映像をループさせ、そこにコードを重ねて音楽を完成させていく。キーボードのシャソルとドラムのローレンス・クライス、そして、今この場にはいないアンティル諸島の人物や動植物の映像とによる不思議なトリオでの演奏が進んでいった。そして最後は、シャソル自身がピアノを演奏する映像と、ステージにいるシャソルとのデュオでパフォーマンスは終了した。約1時間15分に及ぶパフォーマンスは、まるでアンティル諸島のドキュメンタリー映画を観ているようだった。

そして次のライブは、モッキー。編成はドラム、パーカッション、キーボード、バイオリン、ボーカル、ベース。メキシコのソンブレロのような帽子をバンドメンバー全員が被りステージに登場。アルバム『Key Change』(2015年)では、哀愁漂う静かな世界観をアコースティックで表現していたが、ライブパフォーマンスのモッキーはやんちゃそのもの。ドラムを叩いていたモッキーはシンバルをスタンドごと肩に担ぎ歌い出したり、ラップやヒューマンビートボックスを披露したり、コール&レスポンスで盛り上げたり。モッキーはこの日、ドラム、ベース、キーボード、サンプラー、ボーカルと曲ごとに楽器を変えながら、オーディエンスと一緒になりステージを作っていった。演奏が終わり舞台袖にはけた彼らを見て、DJブースでスタンバイしていたジャイルス・ピーターソンが彼らをアンコールに呼び戻す。そしてモッキーは最後に、口笛が印象的な楽曲「Birds of a Feather」を披露してステージを終えた。
この日、最後に登場したのは、ジャイルス・ピーターソン。南国を連想させるアコースティックギターの楽曲でスタートさせると、オーセンティックなジャズからアシッドジャズ、サンバ、ダブステップ、レゲエ、ソウルに至るまで世界各国の音楽を幅広くプレイ。最後は、Sylvain Krief「Israel Suite」で幕を下ろした。曲をかけ終えMCを入れると、レコードボックスからレコードを数枚取り出しフロアに投げ入れ、最後まで残った来場者に嬉しいサプライズプレゼントが振る舞われた。
平日にもかかわらずたくさんの来場者が詰め掛けたオープニングイベント。来場者の多さ、ライブの盛り上がりを目の当たりにし、「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への注目の高さがうかがえた。

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント