「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」開催決定 キービジュアルの作画をファッションデザイナー山本耀司が担当

2016.07.01

“世界三大ジャズ・フェスティバル”のひとつに数えられる、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバル。その日本版ともいえる「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」の開催が決定した。

日本では、昨年にひき続き2年目の東京開催となる。日程は10月7日(金)、8日(土)、9日(日)の3日間。会場は、恵比寿ガーデンプレイス内のザ・ガーデンホール(東京都目黒区)と、代官山のライブスペース、UNIT(東京都渋谷区)。

今回、イベントのキービジュアルを、ファッションデザイナーの山本耀司氏が担当する。数年前から独自に絵画制作を行っているという山本氏は、自身のパリコレクションにおいても、若手画家とのコラボレーションを行っており、今回のキービジュアルも、山本氏の今年のコラボレーション・アーティストである画家の朝倉優佳氏との共作によるもの。完成したグラフィックは、同イベントの特設サイトにて7月1日より公開。なお、出演者の発表は7月下旬を予定。

www.montreuxjazz.jp