2016.09.16

【中原 仁】伝説の巨星、新世代のヒーロー&ヒロイン… ブラジルを代表する精鋭たちが東京に結集!! 「MJFJ2016のブラジル音楽」耽溺ガイド

取材・文/楠元伸哉 写真/則常智宏

中原 仁

日本の“ブラジル音楽ファン”は世界で最も悲運である。つまり、こういうことだ。「こんなにブラジルが好きなのに、神様はなぜ、ブラジルから最も遠いこの場所(日本)に俺を誕生させたのか」と。こうなるともう、距離を“情熱”で埋めるしかない。だとすると、日本のブラジル音楽ファンは「世界で最も熱心なファン」と言えるかもしれない。

そんな我々に対して、ときに「“ブラジル”が向こうから丸ごとやって来る」こともある。まあ、“丸ごと”は言い過ぎだが、この秋に開催される『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016(以下 MJFJ 2016)』は、ちょっとした“ブラジル音楽まつり”の様相を呈しているのだ。

もちろん、MJFJ2016に出演するアーティストはブラジル人だけではない。魅力的なミュージシャンが世界各国から来訪し、日本からも選りすぐりのアーティストが出演するのだが、この緊急企画においては、MJFJ2016の“ブラジル音楽”にのみスポットを当ててみたい。なにしろ悲運な我々が、このチャンスを逃すわけにはいかないのだ。

というわけで、このビッグウェーブにどう対処すればいいのか、その筋のスペシャリストに訊いた。ご存知の方も多いであろう、中原仁さんである。ブラジル音楽のみならずワールドミュージック全般にわたって日本屈指の見識と経験を持つ人だ。詳細なプロフィールはこの記事の別項をご覧いただくとして、このお方は、50回もブラジルを来訪している。ってことは、距離的には「地球を50周した人」だ。もう、それだけで偉人なのだが、そんな人でさえも、今回のMJFJ2016には「興奮する」という。

——まずは、今回のMJFJ2016のプログラムですが、恵比寿ザ・ガーデンホール(東京都目黒区)で、3日間の日程で開催されます。そこから“ブラジル人ミュージシャン”のみ抽出すると、2日目と3日目が対象になりますね。

「はい。これ本当に素晴らしいメンバーですね」

——誤解のないように言っておきますが、1日目も素晴らしいですよ(笑)。ただこの企画は「MJFJ2016の“ブラジル音楽”を語り尽くす」という趣旨なので。

「ちなみに2日目は、ジャイルス・ピーターソン率いる、ソンゼイラ・ライブ・バンド。3日目はカエターノ・ヴェローゾとテレーザ・クリスチーナですね」

——中原さん個人的には、最終日のカエターノ・ヴェローゾに注目してますよね。

「そうですね。来日公演は11年ぶり。今回で4回目になります」

——いまさら説明の必要もないくらいの偉人ですが、念のため説明しておきますと、カエターノ・ヴェローゾは1942年生まれのシンガー、ソングライター、ギタリスト。国際的な活躍をしているブラジル人ミュージシャンの筆頭格で、アメリカのグラミーも獲得しています。世界中のポピュラー音楽にも影響を与えていて、その作風の幅広さも大きな特徴です。ちなみに中原さんが、今回のカエターノのステージの“最大の見どころ”を挙げるなら?

「今回のカエターノは、“弾き語りのソロ公演”ってところが、ものすごく重要です」

——過去に日本のライブで“全編ソロの弾き語り”はなかった?

「ないです。これは初めてのことです。過去3回の来日公演は、いずれもライブの中盤に弾き語りがあって、そこがもう、ファンにとってはたまらないポイントだったんですね。ところが今回はなんと、すべてソロの弾き語りで聴ける。これは本当に凄いことです」

——カエターノは音楽的な幅が広いし、いろんなスタイルで表現できる人ですけど、多くのファンは、やっぱり「ソロの弾き語り」を求めているんですね。

「そうですね。74歳とは思えない甘い声で、自分の名曲を綴れ織りのように弾き語るという、あのスタイルを求めていると思いますよ。まさにファン待望と言っていいんじゃないですかね」

——どんな曲をやるのか? ってところも気になりますね

「気になりますねぇー」

——カエターノのレパートリーって、ものすごい数あると思うんですが「ソロの弾き語りで、これを聴きたい」っていうのはありますか? 中原さん的に「これを演ってくれたら、俺は泣いてしまうかもしれない」っていう1曲(笑)。

「うわぁ~!これは難しい。いや困ったな(笑)。まあ、聴きたい曲は、過去のコンサートの弾き語りで、おおむね聴いてきたと思うんですけど。聴いたことない曲で、やってほしいのは……、う~ん、何があるかなぁ。普通だったら“コラサォン・ヴァガブンド”とか“レオンジーニョ”とか……」

——先生、迷い過ぎですよ。
「よし、決めた。『シネマ・トランセンデンタル』ってアルバムに入ってる“トリーリョス・ウルバーノス”っていう曲」

——まあ、ここで悩んで決めたところで、演ってもらえるわけじゃないですけどね(笑)。どんな曲なんですか?

「カエターノの生まれ育った町の原風景を歌った、しかも映画的な描写の歌。歌詞も含めて、すごく自分のイマジネーションを刺激してくれる曲なんです。これがすごく好きでね…。昔のノンサッチ盤では弾き語りで歌っていて、これをやってくれたら嬉しいなぁ。しかも、自分がまだカエターノの故郷であるサント・アマロには行ったことがない。想像では何度も思い描いてますけどね(笑)。それをソロの弾き語りで、生で見ることができたら、ちょっと嬉しいというか、痺れますね」

——ここでアピールしておけば、やってくれるかもしれないですよ。MJFJ2016に出演前、大阪公演もありますし。

「はい。私は東京と大阪、両方とも行きます。チケットは早々に買いました(笑)」

——さすがですね。

1 2 3