スティーリー・ダンのウォルター・ベッカーが遺したギター・コレクションがオークションへ

2019.08.08

2017年にこの世を去ったスティーリー・ダンのウォルター・ベッカー。彼が所有した数多のギター・コレクションが、今秋米ロサンゼルスのオークション・ハウス「ジュリアンズ・オークション」で競売にかけられることが分かった。

ラインナップには、ウォルターが遺したフェンダー製やギブソン製のビンテージ・ギター、スティーリー・ダンの1977年のアルバム『彩(エイジャ)』で使用したギターなども含まれており、これらは、およそ50万ドル(約5300万円)ほどの価値があるとのこと。

競売は、現地時間1018日(土)から19日(日)の「Celebratory weekend」に出品され、ファンはオンラインで閲覧・入札することができるという。

オークション主催者のダレンジュリアンは、「ウォルターは、ユニークなサウンドと高い知識/好奇心を持ち、オーディオマニアとしても有名でした。彼の広範囲におよぶコレクションは、彼を才能あふれる、世界中の音楽家から尊敬されるアーティストへと育てたのです」というコメントを残している。

ジュリアンズ・オークション
https://www.juliensauctions.com/about-auction?id=296

関連記事