2019.09.20

ハロルド・メイバーン死去

ハードバップ世代のピアノ・レジェンド、ハロルド・メイバーンが、現地時間9月19日(木)に亡くなった。83歳だった。訃報は、メイバーンが所属する米ニューヨークのレーベル「Smoke Sessions Records」のSNSで伝えられたが、死因は明らかにされていない。

1936年、米テネシー州メンフィスに生まれたメイバーンは、50年代半ばから音楽家として活動。ライオネル・ハンプトン楽団、マイルス・デイビス、リー・モーガン、ウェス・モンゴメリーなどのバンドに在籍し、1968年には、故郷メンフィスを想って作った初リーダー作『A Few Miles from Memphis』を発表。以降、約50年のキャリアで20作以上のリーダー作を遺している。

近年は自身のプロジェクトやエリック・アレキサンダーとのコンビを中心に活動し、2017年8月にはアルバム『To Love and Be Loved』をリリース。これが彼の遺作となった。