エヂ・モッタ『Perpetual Gateways』

文/島田奈央子

2016.03.11

タイトル
Perpetual Gateways
アーティスト
エヂ・モッタ
レーベル
P-VINE
発売日
2016.02.03

iTunesAmazon

スティーリー・ダンから多大な影響を受け、ジャジーでロックな音楽を発信しているブラジルのシンガーソングライター、エヂ・モッタの2年半ぶりの新作。本作は2部構成に分かれ、前半の“SOUL GATE”では、メロウなメロディーと前作の『AOR』の続編のようなアーバンなお洒落サウンドに包まれ、後半の“JAZZ GATE”は、アコースティックな音をメインにしたクラブジャズ的な作品になっている。明らかに前半と後半では雰囲気が違うが、どちらのメロディーも耳に残りやすく、アレンジのセンスも抜群。コンポーザーとしてのエヂの才能はさらに広がりをみせている。また本作のプロデュースは、グレゴリー・ポーターを手掛けたカマウ・ケニヤッタ。ゲストに、ソウル/R&Bの歌手でピアニストのパトリース・ラッシェンやグレッグ・フィリンゲインズ、フルート奏者のヒューバート・ロウズが参加。個性あふれるアドリブソロも聴かせ、作品の中身をより豊かなものにしている。

■P-VINE
http://p-vine.jp/music/pcd-24471

トラックリスト

1. Captain’s Refusal
2. Hypochondriac’s Fun
3. Good Intentions
4. Reader’s Choice
5. Heritage Deja Vu
6. Forgotten Nickname
7. The Owner
8. A Town in Flames
9. I Remember Julie
10. Overblown Overweight
11. Forgotten Nickname (Alternate Take) *Bonus Track

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント