2019.12.06

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)が選ぶ 2019年ベストアルバム

ピーター・バラカン
1951年8月20日ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科卒業後、74年に来日。シンコー・ミュージック国際部入社、著作権関係の仕事に従事する。80年、同退社後、執筆活動やラジオ番組への出演などを開始。また80年から86年までイエロー・マジック・オーケストラ、のちに個々のメンバーの海外コーディネーションを担当。84年、TBS-TVのミュージック・ヴィデオ番組『ザ・ポッパーズMTV』の司会を担当。88年、TBS-TV『CBSドキュメント』の司会を担当。2010年、TBS系列のニュース専門チャンネル『ニュースバード』に移籍し、番組名も『CBS 60ミニッツ』に変更。2014年3月まで司会を務める。現在も放送番組の制作、出演のほか、執筆や音楽フェスティバルの監修なども手がける。
http://peterbarakan.net/

ぼくは30年以上前からフリーで仕事をしているので年末ボーナスの感覚は全くありませんが、そういうまとまったお金が出る時に何か自分への特別なご褒美が欲しくなる方のために3点お薦めします。


Steve Miller Band『Welcome To The Vault』

 

まだ現役なのにあまり話題を聞かなくなったスティーヴ・ミラーは70年代にはとてもいいアルバムを出した人です。CD3枚+色々なところのライヴを収めたDVDのこのボックス・セットには「フライ・ライク・アン・イーグル」などのいくつかのヒット曲以外は圧倒的に未発表ヴァージョンが多く、ファンの好奇心を大いに刺激するものです。


 

Jazzfest – The New Orleans Jazz & Heritage Festival

 

2019年に50回目の開催を記録した「ジャズフェス」はルーツ・ミュージックのイヴェントとして最大級で最も多様性にも満ちています。ジャズ、R&B、ファンク、ゴスペル、ザイデコなど、ルイジアナ州ならではの個性的な演奏者を様々な時期から集めたこの労作の5枚組ボックス・セットのブックレットには貴重な写真も沢山含まれています。


 

The Band『The Band(50th Anniversary Edition)』

 

この元祖ルーツ・ロックの古典的な作品の発表からも50年が経ちました。ボブ・クリアマウンテンが施した新たなミックス、これまで未発表だった面白い別ヴァージョン、そして何と、このアルバムの発売直前にザ・バンドが出演したウッドストックのライヴ・セットが初めてフルで収録されています。ピーク時の彼らの演奏力に改めて感激します。