2019.12.06

沖野修也(選曲家/作曲家)が選ぶ2019年ベストアルバム

沖野修也
沖野 修也
KYOTOJAZZMASSIVE/KYOTO JAZZ SEXTET
選曲家/作曲家/執筆家/The Room プロデューサー。シングル「ECLIPSE」は BBC ラジオ ZUBB チャートで 3 週連続 No.1 の座を日本人として初めて射止めた。これまでに DJ/アーティストとして世界 35 ヵ国 140 都市に招聘される。2015 年8月にリリースした「RUNAWAY~Boogie grooves produced and mixed by Shuya Okino」が iTunes ダンス・アルバム・チャートにて第1位を獲得。代官山蔦屋書店での「ジャズ・ ポートレート展」開催、InterFM「JAZZ ain’t Jazz」番組ナビゲーター、GQ Japan オフィシャルブロガー など、幅広く活躍中。

 

Ashley Henry
『Beautiful Vinyl Hunter』

ashley henry『Beautiful Vinyl Hunter』

様々なスタイルを一枚にまとめ上げた力作。オーセンティックなものから現代的な感覚に貫かれたものまでを幅広く網羅しながらも決して散漫になっていないバランス感覚が素晴らしい。それでいて本人のカラーが明確。今後の活躍と来日公演の実現にも期待したい。


 

Mark de Clive-Lowe
『Heritage 1&2』

Mark de Clive-Lowe『Heritage 1&2』

ロンドンからLAを経て、和にたどり着いたマークの渾身の作品。ニュージーランドと日本の血を引く彼だからこそ実現したそのハイブリッド感覚は、和ジャズの最新ヴァージョンとして非常に高いクオリオティーを獲得している。青山トキオのジャケも秀逸。


 

Joe Armon-Jones
『Turn To Clear View』

ジョー・アーモン・ジョーンズ

早くもセカンドを発表した若きキーボード奏者の新境地。UKからUSへの返答か?Georgia Anne MuldrowとのコラボからNubya Garciaのフィーチャーまで、若い世代が考えるジャズの形を存分に表現している。他プロジェクトも含めアクティヴなリリースは、頼もしい限り。

沖野修也さんがプロデュースする東京・渋谷の「The Room」27周年イベントが12月13日(金)と14日(土)に開催。沖野さんも出演します。
THE ROOM 27TH ANNIVERSARY
■日程:12月13日(金)、14(土)20時〜
■会場:Tne Room(ザ・ルーム)東京都渋谷区桜丘町15-19 第八東都ビルB1
http://www.theroom.jp/
■出演:沖野修也 他
■12月13日ラインナップ
http://www.theroom.jp/schedule/2019/12/the_room_27th_anniversary_day_1.php
■12月14日ラインナップ
http://www.theroom.jp/schedule/2019/12/the_room_27th_anniversary_day_2.php