2020.02.28

ジャズ喫茶「ベイシー」 店主・菅原正二が監修したレコード針 予約販売を開始

レコード針の老舗「日本精機宝石工業株式会社 (JICO)」は、ジャズ喫茶「ベイシー」 店主・菅原正二が監修したレコード針「SHURE:VN35MRB」を、2月27日(木)より500台限定で予約販売。

ベイシーは、岩手県一関市にある有名ジャズ喫茶。VN35MRBは、ベイシーで50年間オーナーを務める菅原が40年以上にわたって愛用する「SHURE VN35E」と「SHURE VN35MR」の音を忠実に再現した交換針で、菅原が追い求める音を、長い開発期間と試行錯誤を重ねて完成させたという。

さらに、1964年発売の「SHURE:V15」オリジナルモデルの豪華木箱も再現。素材にブラックウォールナットなどを使用し、レコード針を保管するだけでなく、ディスプレイとしても十分に存在感を発揮。また、菅原のコメントの入ったカードも同梱されるという。

【VN35MRB 商品仕様】
対応カートリッジ: SHURE V15 type III
予約販売開始日:2020年2月27日(木)※1
出荷開始日:3月下旬以降 ※2
価格:¥20,000(税別)
針圧: 0.75~1.0g
商品仕様:専用パッケージラベル、アルミカンチレバー、マイクロリッジチップ
※1:ご注文数が上限に達した場合は販売終了となります。
※2:ご予約いただいた方から順次出荷いたします。クレジットカードの決済は出荷日となります。https://jico.online/product/vn35mrb/