大西順子、最新2作を引っさげブルーノート東京ほか全国ツアーを実施

2018.01.30

昨年11月に発表されたセルフ・プロデュースアルバム2作を携えたライブ・ツアー「大西順子 Very Glamorous Tour」を敢行中のジャズ・ピアニスト大西順子が、2月7日(水)から9日(金)にかけてブルーノート東京に出演。

1993年のデビュー作『WOW』から25年。最新作のひとつ『Glamorous Life』は8年ぶりのトリオ作品となっており、盟友、井上陽介(B)と新たにメンバーに加わった高橋信之介(Dr)を迎えたオリジナル曲を中心としたアルバム。

一方、初のバラッド集となる『Very Special』は、全曲にゲスト楽器を迎える編成となっており、馬場孝喜(G)やホセ・ジェイムス(Vo)との共演曲をはじめ、挾間美帆のアレンジ曲も収録している。

同公演メンバーには、最新作にも参加した井上陽介(B)、高橋信之介(Dr)、馬場孝喜(G)が参加。ゲストには挾間美帆をはじめ、吹奏楽団「ぱんだウインドオーケストラ」から森卓也(cl))、佐藤芳恵(bcl)、後藤榛花(cl)、村上あづみ(bcl)を迎える。なお、同公演の後も大西氏は全国各所にてツアーを実施。

トレーラー映像

公演詳細
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/junko-onishi/

ツアー・スケジュール詳細(大西順子オフィシャル・サイトより)
http://junkoonishi.runinc.jp/