シャーデー、映画『五次元世界のぼうけん』のために8年ぶりの新曲を制作

2018.02.21

シャーデー(Sade)が、2010年のアルバム『ソルジャー・オブ・ラヴ』以来、約8年ぶりとなるオリジナル曲「Flower of the Universe」を制作した。

同曲は、3月9日にアメリカで公開されるディズニー映画『A Wrinkle in Time(邦題:五次元世界のぼうけん)』のために書き下ろされたもので、監督を務めたエイヴァ・デュヴァーネイが自身のSNSでツイートしたことで明らかとなった。

「彼女が“イエス”と言ってくれるとは思わなかったけど頼んでみたの。そして彼女と忘れられない旅をしたわ。この映画のためにシャーデーがオリジナル曲を書いてくれたという報告ができて誇りに思います。タイトルは『Flower of the Universe』よ。夢が叶ったわ」

同映画のキャストには米女優のリース・ウィザースプーンや、現在“米メディア界の女王”とも呼ばれるオプラ・ウィンフリーなどが名を連ねており、音楽にはシャーデーのほか米歌手のデミ・ロヴァートやSia(シーア)などが参加している。

なお、同映画の日本での公開は現在未定となっている。

 

エイヴァ・デュヴァーネイ監督のツイート


PICKUP EVENTオススメのイベント