タップダンサー・熊谷和徳が『情熱大陸』に登場。放送前日の公演にも密着

2018.03.12

タップダンサーとして世界で活躍する熊谷和徳が3月18日(日)放送の『情熱大陸』(TBS系列)に出演。

19歳で渡米後『ザ・ニューヨーク・シティ・タップ・フェスティバル』に9年連続で出演するなど、日米を舞台に活動してきた熊谷和徳。2006年には米『ダンスマガジン』誌で“いま世界で観るべきダンサー25人”の一人に選ばれ、リチャード・ボナやクリスチャン・スコット、日野皓正、上原ひろみなど国内外の有名アーティストたちとも共演。

一昨年には、米ダンス界における最高峰の賞とされる「ニューヨーク・ダンス&パフォーマンス・アワード」(通称:ベッシー・アワード)の最優秀パフォーマー賞をアジア人として初めて受賞している。

18日の放送では、ニューヨークを拠点に、日本やヨーロッパを行き来しながら活動する熊谷に密着。なお、3月17日(放送日の前日)に、熊谷の故郷でもある仙台で公演が行われることになっているが、その舞台裏も番組内で紹介されるという。

 

『情熱大陸』番組ホームページ
http://www.mbs.jp/jounetsu/

TAP the FUTURE in SENDAI 期末公演
熊谷和徳&TAP the FUTURE in Sendai PRESENTS
“Vision of LiFE”
KAZUNORI KUMAGAI TAP DANCE LIVE 2018
http://www.kazukumagai.net/vision-of-life/