2017.01.19

大御所プロデューサーの自伝本で名盤&ロックスターの真実が赤裸々に

デヴィッド・ボウイやT.レックス、バッドフィンガー、モリッシーなどの作品を手がけてきた辣腕プロデユーサー、トニー・ヴィスコンティの自伝本『トニー・ヴィスコンティ自伝 ボウイ、ボランを手がけた男』(シンコーミュージック・エンタテインメント刊)が発売される。

本人が関与した数多のミュージシャンたちの素顔に加え、各時代の社会状況や音楽事情なども克明に描かれた、貴重な証言となっている。発売は1月21日。

作品情報
タイトル:トニー・ヴィスコンティ自伝 ボウイ、ボランを手がけた男
価格:2,700円(税込)
発売日:1月21日
著者:トニー・ヴィスコンティ
サイズ:A5判
ページ数:440ページ

■シンコーミュージック・エンタテインメント
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0643542/