2018.04.05

ヤマハ音楽教室と防音室を一般開放する“シェアリングサービス”のトライアル開始

ヤマハ株式会社と株式会社スペイシーが「楽器が楽しめる場所と時間をより多く提供する」ことを目的に、ヤマハの音楽教室と防音室を一般開放する『音楽教室・防音室のシェアリングサービス』の共同トライアルを開始した。

今回のトライアルは、株式会社ヤマハミュージックリテイリングが運営する音楽教室の空き時間を、一般に向けて1時間単位で有料(500円~)にて貸し出すというもの。

3月29日(木)から6月30日(土)にかけて、東京、大阪、名古屋の24会場(約140部屋)を対象に実施されており、アコースティックピアノ、電子ピアノ、エレキギター、ウクレレ、チェロ、ドラムなどの演奏や、大人数でのアンサンブルなど、さまざまな用途に対応した部屋を利用することができる。

また、商業ビルなどの空きスペースにヤマハ防音室「アビテックス」を設置し、楽器演奏者に貸し出す「防音室のシェアリングサービス」のトライアルも実施。5月1日(火)より新橋駅前ビル1号館6F 「スペイシータイムシェアオフィス」内(東京都港区)に第1号が設置される。

いずれのスペースも、トライアル期間中に対象を順次拡大する予定となっており、各部屋の予約・決済はスペイシーが運営するウェブサイト「スペイシーミュージック」にて受け付けている。

『音楽教室・防音室のシェアリングサービス』詳細
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2018/18032901/

「スペイシーミュージック」
https://music.spacee.jp/