斉藤ノヴ率いるNOBU CAINEが18年ぶりのニュー・アルバムを発売

2018.04.12

パーカッショニスト・斉藤ノヴ率いるインストゥルメンタル・バンド「NOBU CAINE(ノブ・ケイン)」が、結成30周年を記念し、約18年ぶりのニュー・アルバム『今ここにあるべき百戦錬磨 ~7人~』を5月16日(水)にリリースする。

同バンドは、角松敏生のツアー・メンバーが集い、1988年に東京「六本木 PIT INN」(現在は閉店)でおこなったイベント「斉藤ノヴ・セッション」をきっかけに結成。その後も幾度のメンバー・チェンジを繰り返しながらも活動を続け、現在は第6期メンバーとなる。

今回のリリースに際して斉藤は以下のコメントを寄せている。

「NOBU CAINEの斉藤ノヴです。名前でもお分かりかと思いますが私と角松敏生氏が30年前にプロデュースして結成した自身のリーダーバンドです。メンバーはスタジオや多数のアーティストのサポート等で名前をご存知の方も多いと思う最強のバンドです。結成30周年になり新旧取り混ぜたメンバーで、これからの日本に新しい風を吹き込みたく活動を始めました」

なお、今回のリリースに先立ち、現在アルバム・トレーラーとハイレゾ配信サイト「e-onkyo Music」にて収録曲の「Midnight Circus」と「Asian Blow」の2曲が限定先行配信されている。

トレーラー映像

リリース詳細
http://www.e-onkyo.com/music/album/nopa1733/