大貫妙子の78年のアルバム『MIGNONNE(ミニヨン)』がアナログ盤で復刻

2018.04.30

1978年9月に発表された大貫妙子通算3枚目のオリジナル・アルバム『MIGNONNE(ミニヨン)』が、5月23日(水)にアナログ盤で復刻。

アレンジャーに坂本龍一と瀬尾一三、さらに細野晴臣、高橋幸宏、鈴木茂といったメンバーをフィーチャーした同作は、のちに発表された『ROMANTIQUE(ロマンティーク)』(1980年)、『AVENTURE(アヴァンチュール)』(1981年)、『Cliché(クリシェ)』(1982年)の3部作へと繋がる重要作。

収録曲は、矢野顕子がカバーし、アサヒビール新商品のTV-CMソングとしても話題の「横顔」や、竹内まりやもカバーした「突然の贈りもの」、槇原敬之がカバーした「海と少年」など名曲の数々。

今回のアナログ盤再発にあたり、エンジニア界の名匠バーニー・グランドマンがオリジナル・マスターテープから最新リマスタリングとカッティングを担当。さらに、大貫妙子本人によるセルフ・ライナーとマルチテープに同梱された現存のトラックシートも掲載される。

なお、本作に続いて『ROMANTIQUE(ロマンティーク)』以降のアルバムも順次アナログ復刻を予定しているという。

リリース詳細
http://www.110107.com/s/oto/news/detail/TP00922