ディジー・ガレスピーのドキュメンタリー映画制作で基金も発足

2018.10.02

故ディジー・ガレスピーに迫ったドキュメンタリー映画『Dizzy 101』の制作プロジェクトが発表され、現在同プロジェクト進行のための基金を米クラウドファンディング「INDIEGOGO」にて募っている。

同ドキュメンタリーの制作は、ディジーの甥であるクレイグ・グランヴィルらの手にによって2017年初頭から始動したプロジェクト。

本作には、60余年にわたるディジーの秘蔵写真やホームビデオ、未公開ライブ映像を交えながら、ディジーの家族や友人、交流のあったミュージシャンや著名人などのインタビューなどを収録。彼をレジェンドたらしめたものは何か?これまで語られなかったディジーのストーリーを綴った作品となっている。

INDIEGOGOでは現在29万6000ドル(約3400万円)の基金を募集中。クレイグ・グランヴィルよれば、これらの基金は、ロケ地やクルーの確保、研究費、撮影、編集、ライティング、音響などの諸経費にあて、本作の完成を目指しているという。

「INDIEGOGO」
https://www.indiegogo.com/projects/dizzy-101-the-dizzy-gillespie-documentary#/