“国と国をつなぐ”新たなイベント「Match&Fuse」が東京・六本木で開催

2018.10.03

さまざまな国のアーティストたちを繋げる音楽集団「Match&Fuse(マッチ&フューズ)」のイベントが、10月17日(水)と18日(木)の2日間にわたって「Super Deluxe」(東京都港区)にて開催される。

2011年、国外での演奏を切望するイギリス、フランス、ノルウェーのミュージシャンたちによって発足したMatch&Fuse。当初はそれぞれの国で小規模フェスを開催し、その後ヨーロッパ各地のエージェントから賛同を得てツアーやフェスを企画。現在はチューリッヒ、ロンドン、トゥールズ、ブリュッセル、ダブリン、オスローと拠点を広げている。

今年10月には、東京・六本木と大阪・堺を拠点に日本にも上陸。今回開催されるイベントでは、日本とスイスを繋げることを目的としている。

初日には、自身のトリオで「ECM」からも作品を発表しているピアニスト・コリン・ヴァロンや、チューリッヒ出身のヴァイオリン奏者トビヤス・プライシク、日本からは演劇や映画界で活躍するマルチ・プレーヤーの石橋英子が出演。

2日目には、2015年の「ウォールストリート・ジャーナル」誌でベスト・アルバム12に選ばれたバンド、シュネラートラーマイヤーをはじめ、国内外で話題の日本人バンド、あふりらんぽ、坂口光央(key)と一樂誉志幸(ds)のビートユニットGURU HOSTの出演が決定している。

イベント詳細(1日目)
https://www.super-deluxe.com/room/4544/

イベント詳細(2日目)
https://www.super-deluxe.com/room/4545/

Match&Fuse公式サイト
https://matchandfuse.ch/japan-2018/