映像&アートの国際フェスティバル「恵比寿映像祭」開催

2018.12.28

今年で11回目となる映像とアートの国際フェスティバル「恵比寿映像祭」が、来年2月8日(金)から2月24日(日)の17日間にわたって東京都写真美術館、日仏会館、恵比寿ガーデンプレイス、ザ・ガーデンルームなどで開催される。

2009年から毎年開催されている同イベントは、展示、上映、ライブ・パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的におこなう映像とアートの国際フェスティバルで、これまで国内外から多くのアーティスト/ゲストが参加している。

●第10回:恵比寿映像祭の様子

11回目となる今回のテーマは「トランスポジション」。世界26か国の地域から76名の作家/ゲストを招き、アートと映像を介して、視点の変化や編集の緩急、ひとつの主題を異なるメディアやメソッドで表現することなど、多様なトランスポジションによって形作られるアート映像表現を、作家と観客によって考察する内容となっている。

恵比寿映像祭
https://www.yebizo.com/jp/information/