ビル・エヴァンスのドキュメンタリー映画『タイム・リメンバード』の劇場公開が決定

2019.02.14

ジャズ・ピアニスト、故ビル・エヴァンスの生涯を描いたドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』が、4月27日(土)から、アップリンク吉祥寺(東京都武蔵野市)、アップリンク渋谷(東京都渋谷区)ほか、全国劇場にて順次公開されることが決定した。

ビル・エヴァンスの生誕90周年を記念して公開される本作(2015年発表)は、8年の歳月をかけて制作。「時間をかけた自殺」とも言われたエヴァンスの51年の人生とその音楽をたどり、出生からキャリアのスタート、彼をめぐる人間模様、死の間際までを綴った内容となっている。

『Time Remembered』Official Trailer

マイルス・デイビスのバンドに加入し、『カインド・オブ・ブルー』を制作した1958年当時の様子、ポール・モチアンとスコット・ラファロとの名盤『ワルツ・フォー・デビイ』の制作経緯や、ラファロの死。さらに、肉親たちから見たエヴァンスの素顔や生涯苦しんだ薬物依存、これまで公にされなかったエヴァンス自身の音楽への想いなどが、貴重な証言、映像、演奏シーンなどとともに描かれている。

また本作には、ジャック・ディジョネットやトニー・ベネットなどのエヴァンスと同年代に活躍したジャズマンたちや、同作制作中に亡くなったポール・モチアン、ジム・ホール、ビリー・テイラーなどの晩年の姿も収められている。

アップリンク吉祥寺アップリンク渋谷