チャック・ベリーの新ドキュメンタリー映画『Chuck Berry』トレーラー映像公開

2019.08.14

2017年に亡くなったロックンロールの創始者チャック・ベリー。10月4日の「ナッシュビル映画祭」にてプレミア上映される彼の新ドキュメンタリー映画『Chuck Berry』のトレーラー映像が公開された。

同映像には、チャックのファンを公言するポール・マッカートニーやナイル・ロジャーズ、ロニー・ウッド、ジーン・シモンズといったロック界のスターたちも登場。

本作の監督は、ジミ・ヘンドリックスやB.B.キングなどのドキュメンタリーを手がけてきたジョン・ブルーワー。本編には、チャックの家族や友人、セルメッタ・ベリーへの初めてのインタビューに加え、1986年のドキュメンタリー『チャック・ベリー/ヘイル・ヘイル・ロックンロール』の映像も含まれるという。

「彼の家族は、チャックの音楽の背後にある重要なことを教えてくた」と語るブルーワー監督。また、チャックの弁護士には、60年代初頭に起きた14歳のウェイトレスを連れ回し売春を強要したという容疑についても言及。「この件の真実を聞き出せた。それ自体がまるで映画のような話だったね」とコメントしている。

また、「あの時代にどうやって黒人が白人のラジオに入れたのか謎だった」とし、当時のプロデューサーやプロモーターに騙され続け、ビジネスやお金に対して堅実になったチャックの過去についても明らかにしていくという。