ジェイミー・ウーン『Making Time』

文/安斎明定

2016.05.13

タイトル
Making Time
アーティスト
ジェイミー・ウーン
レーベル
PMR/Hostess
発売日
2016.03.23

iTunes

久々にじっくり聴ける自作自演歌手の作品だ。2011年にアルバム・デビューしたジェイミー・ウーンの4年ぶりとなる本作は、ファレル・ウィリアムスやジャイルス・ピーターソンも太鼓判を捺す、エレクトロニクスの先鋭的なサウンドを纏いながらもポップなナンバーが並んだホワイト・ソウル。打ち込みと人力の融合がバランスよく、ラナ・デル・レイやバンクスといったポップ・シンガーのプロダクションなどを手掛けてきた手腕が遺憾なく発揮されている。同世代のジェイムス・ブレイクよりも格段に柔軟なサウンドとデリケートな歌い方は、ダブステップのアーティストからも注目されている。
全体に落ち着いたミディアム・テンポで統一され「Celebration」などではゴスペル・タッチのコーラスをバックに歌うなど、米国の黒人音楽へのオマージュを表しつつ、“今の空気”を呼吸したアーティストらしい繊細さと、儚さを秘めている。と同時に、普遍性を持った作品として時代を超えていきそうな懐の深さを感じさせる。2作目でここまでの高みに達したジェイミーは、サム・スミスなどと共に、英国の新しいソウル・ミュージックを開拓していくに違いない。

■Hostess
http://hostess.co.jp/releases/2016/03/HSE-6026.html

トラックリスト

01. Message
02. Movement
03. Sharpness
04. Celebration
05. Lament
06. Forgiven
07. Little Wonder
08. Thunder
09. Skin
10. Dedication
11. Celebration(Royce Wood Jnr Remix)ボーナストラック
12. Sharpness(Lord Echo Remix)ボーナストラック
13. Message(Konk Live Session)ボーナストラック
14. Sharpness(Konk Live Session)ボーナストラック

PICKUP EVENTオススメのイベント