ブライアン・イーノ『The Ship』

文/河村祐介

2016.06.25

タイトル
The Ship
アーティスト
ブライアン・イーノ
レーベル
Warp Records/Beat Records
発売日
2016.04.27

iTunesAmazon

第一次世界大戦という人類の傲慢さが起こした未曾有の惨事。そこにイーノは現在も変わらぬ慢心する人類の姿を見る。本作をそんな人類への警笛とするため、その慢心の象徴としてタイタニック号の沈没事件を彼は本作のテーマとした。アルバムは、その半分を占める表題曲と「Fickle Sun」三部作の計4曲で構成されている。表題曲は暗雲たる航海を進むかのような不気味な風が終始流れ、「Fickle Sun (i)」でカタストロフィへと突入する。アンビエント~ポスト・クラシカル的手法でストーリーを描く一大叙情詩と言えるだろう。続く「Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin」は淡々とその厄災を記録していく。アルバムの最後はイーノの『Another Green World』(1975年)あたりのサウンドを彷彿とさせる、光に満ちたイーノ自身によるヴェルヴェツのカヴァー「I’m Set Free」が飾る。サウンドはそのキャリアを包括し、なおかつ現代の社会へのメッセージを含んだ、イーノの新たな傑作と言えるだろう。

 

■Beatink公式サイト
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Brian-Eno/BRC-505/

トラックリスト

01. The Ship
02. Fickle Sun(i)
03. Fickle Sun(ii)The Hour Is Thin
04. Fickle Sun(iii)I’m Set Free
05. Away(Bonus Track for Japan)

PICKUP EVENTオススメのイベント