2019.11.08

甲子園を目指す高校球児たちを追ったドキュメンタリーがNYの映画祭でプレミア上映

KOSHIEN:JAPAN’S FIELD OF DREAMS

甲子園を目指す、日本の高校球児にフォーカスしたドキュメンタリー映画『KOSHIEN:JAPAN’S FIELD OF DREAMS 』が、11月6日から米ニューヨークで開催中のドキュメンタリー映画の祭典「DOC NYC」でプレミア上映される。

同映画では、神奈川県の強豪・横浜隼人高校の野球部とその監督・水谷哲也氏に密着。昨年の「第100回:全国高等学校野球選手権記念大会」で甲子園を目指す彼らの姿を追いながら、高校野球を通して育まれる人間性や日本人の国民性に迫っていく。

監督は、2015年のDOC NYCでグランプリを受賞し、『モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険』なども手がける山崎エマ(エマ・ライアン・ヤマザキ)。なお同映画のプレミア上映は、現地時間11月12日を予定している。

【DOC NYC公式サイト】
https://www.docnyc.net/