投稿日 : 2022.06.10

「マティス展」2023年に東京都美術館で開催 ─20年ぶりの大規模回顧展

Art
マティス展

20世紀美術を代表するフランスの巨匠 アンリ・マティス(1896-1954年)の展覧会「マティス展 Henri Matisse:The Path to Color」が東京都美術館(東京都台東区)で開催される。期間は2023年4月27日(木)から8月20日(日)まで。

アンリ・マティスはフォーヴィスム(野獣派)を代表する画家として知られ、「帽子の女」「ダンス」「ジャズ(切り絵コラージュを含んだ作品集)」など数々の名作を遺し、今なお後世の芸術家やデザインに影響を与え続けている。

本展は、世界最大規模のマティス・コレクションを所蔵するパリのポンピドゥー・センターの協力を得て開催され、日本では約20年ぶりとなる大規模な回顧展となる。84歳で亡くなるまで、感覚に直接訴えかけるような鮮やかな色彩とかたちの探求に捧げたマティスの生涯を、絵画に加え彫刻、素描、版画、切り紙絵、晩年の最大の傑作と言われるヴァンスのロザリオ礼拝堂に関する資料などを通し、様々な角度から堪能できそうだ。

マティス展 Henri Matisse: The Path to Color

会期:2023年4月27日(木)~8月20日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室