サニー・マーレー逝去

2017.12.12

ジャズドラマーのサニー・マーレーの訃報がEremite Recordsによって伝えられた。享年81歳。死因は明らかにされていないが、パリ郊外の自宅で12月7日に亡くなったという。

オーネット・コールマンやアルバート・アイラー、セシル・テイラー等とともにフリー・ジャズの礎を築いたマーレーは、1936年米オクラホマに生まれ9歳でドラムを始める。

1956年、ニューヨークへ移住したマーレーは、ビバップ・ドラマーとしてキャリアをスタートし、ロッキー・ボイドやジェームス・ムーディ、ジャッキー・マクリーンなどと共演を重ね、1962年にはセシル・テイラーの『The Early Unit 1962』に参加。

1965年にはアルバート・アイラーのアルバム『Spiritual Unity』に参加し、バンドリーダーとしても『Sonny’s Time Now』など自身の名義で複数のアルバムを残した。2008年にはマーレーの半生を描いたドキュメンタリー『Sunny’s Time Now』も制作されており、2009年にはギタリストのマーク・オレアリーとともにアルバム『 Ode to Albert Ayler』を発表している。

2012年に発行されたジェイソン・ワイス著『Always In Trouble: An Oral History of ESP-Disk’, The Most Outrageous Record Label in America』でマーレーは「ジャズ・ミュージシャンであることを誇りに思うよ。こんな歴史を持っていることを誇りに持たなければ」と語っている。

「Sunny’s Time Now」の試聴はこちらから

『Sunny’s Time Now』のトレーラー映像はこちらから

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント