2018.02.16

クインシー・ジョーンズも惚れ込んだ偉才、アルフレッド・ロドリゲスが自身のトリオで来日

3月3日(土)に最新アルバム『ザ・リトル・ドリーム』のリリースを控えたキューバ出身のピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが、同最新作とともに自身のトリオで来日する。

キューバの歌手/作曲家のアルフレディート・ロドリゲスを父に持つアルフレッド。2006年の「モントルー・ジャズ・フェスティバル」でワールド・デビューを飾った際にクインシー・ジョーンズの目にとまり、以来、クインシー・ジョーンズ・プロダクションの一員として活躍の場を広げている。

また、2013年におこなわれたクインシーの特別公演ではゲストととして参加しており、昨年3月には、カメルーン出身のベーシスト、リチャード・ボナをフィーチャーしたトリオでも来日。

今回の公演は、最新アルバムに参加したメンバーによるトリオ編成となっており、4月28日(土)、29日(日)の2日間にわたってブルーノート東京にておこなわれる。

公演詳細
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/alfredo-rodriguez/

「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2016」でのパフォーマンス映像