ヤン富田、ブルーノート東京での公演が決定!いとうせいこうや小山田圭吾も出演

2018.02.28

音楽プロデューサー/スティールパン奏者/前衛音楽家など、幅広い活動で知られる音楽家、ヤン富田によるブルノート東京での公演が4月26日(木)に開催される。

60年代から音楽活動を続け、70年代後半には日本初のプロ・スティールパン奏者として坂本龍一など多くのアーティスト作品にも参加したほか、1989年には「音楽による意識の拡大」をテーマに、研究機関「オーディオ・サイエンス・ラボ」を主宰するなど、その活動は多岐にわたる。

2部構成となる今回の公演では、1989年にヤン富田プロデュースで日本初のヒップホップ・アルバムとされる『MESS/AGE』を発表した、いとうせいこうをはじめ、小山田圭吾、大野由美子など、総勢10名以上のゲストを迎える。

なお、公演のファースト・セットとセカンド・セットは別プログラムが披露されるという。

公演詳細
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/yann-tomita/