2018.03.27

渡辺貞夫のTAKTレコード全9作品が紙ジャケ&最新マスタリングで復刻

1960年代に日本のジャズ・シーンを支えた名レーベル「TAKTレコード」が、日本コロムビアとのコラボレーション50周年を記念し、同レーベル立役者のひとりである渡辺貞夫の過去作を紙ジャケット仕様/最新マスタリングを施し4月18日(水)に復刻する。

日本のジャズ黎明期よりシーンを牽引し、同レーベルにおいては日野皓正とともに数多の名作を残した渡辺貞夫。今回の企画『takt JAZZ series 50th anniversary SADAO WATANABE』では、TAKTレコードからリリースされた渡辺の過去作9タイトルを復刻。

TAKTレコードからの第1作となった『JAZZ & BOSSA』(1966年)をはじめ、『マイ・ロマンス~サダオ・プレイズ・バラッド』(1967年)、『イベリアン・ワルツ』(1967年)、『ボサ・ノヴァ・コンサート』(1967年)、『ウィ・ガット・ア・ニュー・バッグ』(1968年)、『ブラジルの渡辺貞夫』(1968年)、『サダオ・プレイズ・バカラック・アンド・ビートルズ』(1969年)、『ミュージック・ブレイク』(1969年)、『チャーリー・パーカーに捧ぐ』(1969年)がリイシューされる。

リリース詳細
http://columbia.jp/artist-info/watanabesadao/info/59291.html