坂本龍一「設置音楽展」ワタリウム美術館で開催 高谷史郎とコラボ

2017.03.08

 坂本龍一の展覧会が4月4日から東京・ワタリウム美術館にて開催される。

8年ぶりの新アルバムを3月29日に発売する坂本龍一。「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」という坂本の意向により、先行試聴やサンプル盤の配布を一切行っていない。

 同展では、長年のコラボレーターである高谷史郎が会場構成を手がけている。メインフロアは、高谷の映像とアルバム全曲の5.1chサラウンド・ミックス試聴で構成されている。そのほかにも、新作制作過程にインスピレーションを与えた書籍や写真、メモなども展示。ファンとの双方向交流を目的とした空間や、新アルバムを含め、坂本作品のほとんどをアナログ盤で揃えており、来場者が自由に試聴するブースが設置される。

 展示会のタイトル及び新アルバムのタイトルは、3月15日に特設WEBサイトにて発表される。

 

■特設WEBサイト
skmtcommmons.com